【修復保存 3年】新学期、絵画修復の課題

修復保存コースです。

3年生から選択できる修復保存コース。
この4月から、新たなメンバーを迎えました!

これから絵画・紙・立体の修復技術や美術作品の保存、保管について学びます。

絵画修復の授業では、デッサンに取り組みました。

20180417_1

20180417_2
修復された作品の図版を見本に描いていきます。

1年生の時に学んだデッサンとはちょっと雰囲気が違い、
陰影がなく余白が多いようです。

20180417_3
作品をそのまま写すのではなく、
簡略化し輪郭線(アウトライン)で描いてるんですね。

実はこれ、単なるデッサンではなく、
傷ついた作品の状態を描き記すためのデッサンなのです!

この輪郭線で描かれたデッサンに、損傷の箇所を描き込みます。

20180417_420180417_5
画面のどの部分にどんな傷や欠損があるのか、
剝落は赤鉛筆、ひび割れは青鉛筆でしっかり描きます。

20180417_6
出来上がりはこちら。
わかりやすく説明されていますね。

言うならば作品の「診断書」。
作品の修復工程の前に、じっくり観察し状態を把握することが重要なんですね。

20180417_7
緑の見えるアトリエが自慢の修復保存コースでした。